日本のはみ出し者が東南アジア移住を夢見るブログ

東南アジアに埋もれたい.com

https://southeastasiaijyuu.com

タイ 交通移動情報 情報 注意する事

バイクタクシーの乗るまでと注意点

2019-05-02

タイにはバイクタクシーと言う物があります。ライダーの後ろに乗って移動するのですが、渋滞の多いバンコクではする抜けの技術に舌を巻くと共に、少しの不注意で事故になりかねないスリリングな乗り物ですが、バイクタクシーの数が多いので誰かと会う時に汗を少しでも流したく無い時など、目的地に移動するのに非常に便利な乗り物です。上手く利用して快適な移動方法の選択肢の一つとして持っておくに越した事は無いでしょう。

バイクタクシーの停留所で交渉しよう

バンコクの場合はBTSやMRT各種の駅付近にオレンジ色の番号がプリントされているジャケットを羽織った人たちが集まってる場所が必ずあります。

BTSプロンポンの階段を降りた所

主に椅子が数脚あって日よけの屋根なりパラソルの日陰で座っている事が多いです。

慣れてない人はこう言う停留所でバイクタクシーと交渉する事をオススメします。

タイでの移動手段ボッタクリに遭わないで快適に移動しましょう

東南アジアに日本人が旅行で行く場合に注意するべきはボッタくりでしょう。 特に移動手段に関しては注意しないと驚くべき金額を ...

何故かと言うなら、停留所に集まっているバイクタクシーのドライバーは一人一人均等にその日の収入を得られるように順番にお客さんを乗せるようにしています。なので交渉段階に入ってボッタクリに遭う可能性がかなり下がります。

流しのバイクタクシーを停めた場合には旅行者であり言葉も堪能で無いと見られれば、相場の倍くらいはすぐに要求されますが、旅行初心者の場合はタイ語で強く言われると従ってしまう可能性がありますし、彼らもそう言う部分を理解して容赦無くボッタクリをしてくるので、相場が分かるなら急いでる時等以外は凛と断りましょう。背を向けた瞬間に引き止められて値段が下がる事は良くある事です。

停留所でバイクタクシーに乗る場合はライダー同士が監視しあっていると言う事もあり、事前の交渉を忘れていなければぼったくられる事もほとんど無いのも安心できる理由の一つです。

それでも多額の金額をぼったくられたら遠慮なくツーリストポリスに通報しましょう。

ツーリストポリスの電話番号

局番なしで1155(携帯からも対応可、24時間対応) 

電話をかけたら選びたい言語を選択するアナウンスがタイ語と英語で流れます。

英語は2番

日本語は4番

事前交渉

バイクタクシーも基本的に事前交渉をして行き先と値段がお互いに納得すれば乗ります。

キャピ子
タイ語なんてわからないし、英語も分からないよ

そう言う時の為にスマホで行き先の住所をスクリーンショットしておく事や、グーグルマップ等で目的地を表示させ見せたりすると、勘の良いライダーは行きたい場所への距離から金額を提示してきます。英語で金額を提示される場合は多くの人が理解できるとは思いますが、中にはタイ語の数字で提示してくる場合もあるので、そう言う場合はスマホの電卓アプリが役に立ちますよ。

交渉価格に納得が行かなければ、停留所であれば他のライダーもいるので他のライダーに価格交渉し直してみても良いとは思いますが、停留所なら価格は変わらない事が多いです。

シミュレート

キャピ子
あ、あの、ここに行きたいんですけど?
ว่าจะไปที่ไหน
バイタクライダー
キャピ子
???
ว่าจะไปที่ไหน
バイタクライダー
キャピ子
(そう言えばGoogle Map見せたら良いって)

目的地のグーグルマップを見せるとスマホを奪われたりしますが焦らないように!

タイは日本よりもスマホを使用している人口が多く使用時間も長いので、グーグルマップもライダーが自分で拡大縮小して目的地を把握しようとします。

OK
バイタクライダー

ここで乗れと促されますが・・・

キャピ子
(料金は事前に交渉するんだったわね)
キャピ子
えーっと、ハウマッチ?
60バーツ
バイタクライダー
キャピ子
6は聞き取れたけどわかんなーい!
キャピ子
こう言う時は・・・

スマホの電卓アプリを起動してライダーに見せると60と入力してくれました。

キャピ子
60バーツって事ね安い!

後ろのシートに乗り込もうとすると・・・ライダーからヘルメットを渡された。

キャピ子
人と会うから髪型セットしてきたからヘルメット被りたくないよ!
キャピ子
だってノーヘルで乗ってる人なんて一杯いるじゃん
Safety Safety
バイタクライダー

タンデムシート

日本の普段生活でオートバイのタンデムシートに良く乗っている人や、過去にタンデムシートに乗った経験がある人はほぼほぼ問題が無いですが、初めて乗る場合は注意点がいくつもあります。

ヘルメットは絶対に着用

暑い国であり誰が被ったか分からないヘルメットをかぶるのに抵抗もあるでしょうが、必ずヘルメットは着用しましょう。現地で見るとノーヘルで乗っている光景も見ますが万が一事故に遭うと言う事は頭にいれておきましょう。ヘルメットを被っていたお蔭で軽傷で済む場合も多いですが、最悪死に至る事もある事は忘れないでヘルメットは必ず着用しましょう。

そしてノーヘルだと道路で検問に出くわした場合に警察官に罰金を支払わなければならない事態になる事があります。急いでいる時などはそれで足止めされて時間も取られてお金も取られるという手痛いことにもなりかねません。

誰が被ったか分からないヘルメットが嫌な場合は帽子を被ってヘルメットを着用したりと工夫すれば良い事ですし、それでも嫌ならば自分用に使い捨ての感覚で安いヘルメットを購入すれば良いです。

後方のグリップをしっかりと持つ

ほとんどのバイクタクシーはスクーターです。後部に跨ってしっかりとステップの位置に足を乗せたら、後方にあるグリップバーを片方の腕で確実に持ちましょう。それにより加速時に後ろに落とされる事はなくなりますし、自分の体をしっかりと支える事ができます。抵抗が無いのであればライダーに抱きついても良いとは思います…

手荷物の関係は自分の体とライダーの体の間に置くと落とす可能性もひったくりに遭う可能性もほとんど無くなります。到着日や帰国日にスーツケース等の大きい荷物がある場合でのバイクタクシーの利用はオススメしませんが、見ているとスーツケースを持ちながらバイクタクシーに乗っている人もいるにはいます。見てて凄く危なっかしいです。

バンコク市内の渋滞時等はスピードも出ませんが、信号待ちから前面がクリアな時はかなり加速しますのでしっかりとタンデムバーを握って自分の体を支えましょう。片腕でキツイ時は両腕を使ってしっかり体を支えます。

支払いは100バーツ札以下

目的地に到着したら支払いなのですが、バイクタクシーのライダーはお釣りに高額の料金を所持してない事が殆どです。1000バーツ札で支払ったら確実にお釣りがないので、コンビニで何か買って崩してくれといわれます。そう言う手間を省く為にも小額紙幣を必ず持っていて、それで支払いをするように心がけましょう。

そして支払いは確実に目的地に到着してからにしましょう。バイクに乗り込む前に支払っていると「貰ってない」ととぼけられる可能性があるからです。

チップは特に必要ありませんが、それは本人次第なので心地よく安全に迅速に移動して気持ちよく移動できたならばチップを渡しても良いかも知れませんが、あくまでも自分次第です。

事故

想像したくもありませんが事故に遭わない保証はありません。事故に遭ったら迅速に警察に通報して自分の体の異変を確認しましょう。事故直後は脳内からアドレナリンが多量に分泌される為に痛みに気づいていない可能性も高いので、念のために病院に行く事をオススメします。

バンコクで事故に遭い病院に行く場合は医療費が高額になります。困らない為にも海外旅行保険が付随しているクレジットカードを所持するか海外旅行保険に加入しておくことを強くオススメします。


備え荒れば憂い無しと言う言葉は本当です。

事故にあった際には加入している保険会社やクレジットカードの事故受付係に連絡する事も忘れずにしましょう。迅速な対応をして頂けます。

バイクタクシーは便利だけどリスクも大きい

ドロップアウター
渋滞知らずと言うかすり抜けを考えたら移動手段として優秀なバイクタクシーですが…

すり抜けると言うことは後続車に追突されるなどの可能性もあります。リスクを補う魅力もありますが、楽しい海外旅行で事故に遭っては何もなりません。

しっかりとした知識を持って上手く使う事が大事です。

 

 

ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
ドロップアウター

ドロップアウター

縁があってベトナムの企業に現地採用で移住する事になった、ベトナム・ホーチミン在住初心者。神経質で怠け者という両極端な性格が特徴的。

-タイ, 交通移動情報, 情報, 注意する事
-, , , ,

Copyright© 東南アジアに埋もれたい.com , 2020 All Rights Reserved.