日本のはみ出し者が東南アジア移住を夢見るブログ

東南アジアに埋もれたい.com

https://southeastasiaijyuu.com

タイ レポート

2019年パタヤソンクラーンを経験した感想

2019-05-16

サワディーカップ。ドロップアウターです。

Twitter@drop_outer

Instagram@drop_outer

有名なタイの水掛け祭りであるソンクラーンを今回パタヤで体験してきたので、レポート形式で紹介していきます。

ソンクラーンとは?

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。

ウィキペディアより引用

ソンクラーンとは旧正月の事であり、水掛け祭りはバンコクのシーロムエリアが有名なのですが、パタヤのソンクラーンはパタヤと言う街のお土地柄から、約1週間と言うとても長い期間開催されます。中でも最終日をワンライと呼ばれ、パタヤの主要道路であるビーチロードが車両通行止めになり歩行者天国になります。

基本的に昼頃に始まり始め、日が落ちると終わる感じなのがルールらしいのですが、悪乗りしている人が多々いるので夜でもガンガンに水をかけてくる人もいます。

ソイ6,7,8は激戦区間

中でもソイ6,7,8の通りはバービアが多い通りであり、道路幅も広くないのが原因なのか、昼過ぎには水掛けの激戦区になります。私は馴染みのバーがソイ7にあったので、そこで水掛け祭りを体感して雰囲気を楽しみましたが、この通りをこの時期に通り抜けると言う事は「水に濡れる」と言う事を楽しみに来ていると言う風に捉えるしか理解できないレベルの惨状でした。

歩けばそこら中から水鉄砲や小バケツで水が飛んでくるので数秒で水浸しになります。だから構えているバケツを奪って逆襲しても喜ぶだけなので、是非バケツを奪って頭から水をかける事をオススメします。

水も氷水をバケツでかけられるので心の準備をしておいた方が無難ですね。この季節の日中は物凄く暑いので建物の中に入らない限りは服が濡れていても寒いと感じる事はありません。

パタヤのソンクラーンの感想

私は12日〜17日のワンライまで全日程パタヤに滞在していました。毎日昼に少しは出歩くようにしていましたが、宿から数10mの所に関所があり、そこを通過するだけで水浸しになる有様でした。

ドロップアウター
この期間は外に出る時に防水装備が必須です。

上記の様なドライバッグに防水スマホケースがセットになってる物がAmazonで販売されています。私はこの装備でスマホの水没故障も無く、私物が濡れる事も無かったです。

紙幣などは念の為にさらにジップロックに収納していたのでもちろん大丈夫でした。

LKメトロ直近 マッサージ屋にあるゲストハウス Nemo's Guesthouse and Massage

サワディーカップ。今回はLKメトロ直近の安宿であり、ゲストハウスでありながら個室のプライベート空間をしっかりと確保できる ...

私はソンクラーンの前半は上記の宿で過ごしていたのでLKメトロ周辺に拠点を置いていました。

私の滞在していた宿からソイ7を目指すなら、ソイダイアナをセカンドロードまで歩いて(この間にも数回水をかけられます)渋滞しているセカンドロードでソンテウに乗るのですが、ソンテウはピックアップトラックの後ろに乗客を乗せるので柵はあるものの遮る物がありませんので標的にされます。安心して座っているといきなり背中が水浸しになります。移動中に濡れたくなければタクシーしかないでしょう。バイクタクシーは転倒の危険があるのでオススメしません。

パタヤでのソンテウの乗り方とルート解説

サワディーカップ。ドロップアウターです。 Twitter@drop_outer Instagram@drop_outer ...

昼過ぎのソイ7の混雑は物凄く、この状態が日が傾くまで続きます。そして各バーが表に置いている水溜の大きいゴミ箱の水は瞬時に消費されるので給水車が各バーに給水にやってきます。

給水した大きなゴミ箱にも氷は入れられていますが、更に水を冷やす為に大きなクーラーボックスに大きな氷を浮かべているバーも多々ありました。

悪乗りした白人達が仲間を氷水の水溜に沈めようとしていますが、男性は必死に抵抗します。その様子を見て周囲に大爆笑がおこります。これもまたソンクラーンですね。

馴染みのバーのカウンターレディーに水をこの様にかけても怒られる所か喜びます。タイ人はこのソンクラーンを心の底から楽しんでいる様子が良くわかります。

ドロップアウター
ここのバーには滞在中にお世話になりました。

それでも夜にバーを訪れるとスタッフ達はグッタリとしています。それはそうでしょう、あの騒ぎの中に身を置いていれば疲れないはずは無いのですが、楽しむ時は楽しもうというタイ人の気質が非常に良く肌で感じることが出来ました。その状態が約1週間続き、最終日にもっと爆発するのです。

ワンライ

冒頭にも書きましたが、パタヤのソンクラーンの最終日はワンライと呼ばれていて、最終日にふさわしくパーティーの街パタヤを飾ります。

私はワンライを見届ける為に宿をビーチロード沿いに移動して、宿のカフェテラスからビーチロードを眺めれる位置を確保しました。

午前8時過ぎのビーチロードですが、普段なら車通りが激しいのに侵入してきたバイクだけが走っています。

侵入してきたバイクは警察に停められて注意されるようで、この後注意されたバイクは進路をセカンドロードに向けて走り去りました。

お昼時前の宿の窓から見たビーチロードの様子ですが、そろそろ混雑してきていますね。

ドロップアウター
放水車が放水してるのが見えますね!

私も準備は万端です。アニマルマスク(濡れると窒息します)に目を保護するサングラス、そしてビッグCで購入した水鉄砲が本領を発揮する時です。首からはスマホの防水ケースをぶら下げて、ドライバッグにタオルや着替えのシャツなどを念の為に入れておきます。

軽く昼食を摂り、ソイ7のバーに少し滞在したあとビーチロードを行ったり来たりします。

キャピ子
これはなんだかタイを感じるね。

ドロップアウター
アイアンマンもいました!

とにかくビーチロードをメインに混雑状況が凄いですし、そこら中から水が噴出しています。

とにかくこれまでの5日間が序章に過ぎないと感じる程度にそこら中がパーティーしています。

日が暮れ始めた頃

ハードロックホテル前等にあるステージもライトアップされ参加者のテンションも一気に上がり始めます。しかも日本の夏バンドのLIVEの様に水が前面に噴出しています。こう言うステージが数100m単位であるのですから、タイと言う国は本当に音楽が身近にある国だと感じました。

放水車の放水も参加者たちは、むしろ欲してましたね。私も浴びておけばよかったです。

日が暮れてもこの日はお祭り騒ぎが続きます・・・が、私の体力が限界を迎えたので午後7時頃に宿に撤収しました。

まとめと感想

日本ではありえないどんちゃん騒ぎの日々に面を食らった感じはありますが、あそこまで楽しもうとする姿勢は個人的に学ぶ所が大きかったです。最初は濡れた時に「うわー」と思いましたがすぐに慣れました。

ソンテウに乗ってるなんて、1番被害が出る左後方の立ち位置に立って水を浴びてる始末です。ソイ7に良く滞在していましたがバーのスタッフ達が親切にしてくれたので目一杯ソンクラーンを体験する事ができました。

ドロップアウター
しかしパタヤで全日ソンクラーンは体力的にキツイですね。
とにかく宿から出る時に防水装備しないとお金とか大変な事になってたね。
キャピ子
ドロップアウター
そう言う部分に気を使っての気疲れもありましたかねぇ。
それと謎の粉!!!
キャピ子
ドロップアウター
顔に泥を塗りたくられたり、謎の粉をまぶされたりしますが受け入れましょう。
後はもっと強力な水鉄砲が欲しかったですね。
キャピ子

使用禁止に指定されている強力な水鉄砲があるのですが、それを販売しにやってきます。大きなスポイドみたいな筒状の物ですが、非常に威力が強くて側面から主に発射されてくるので非常に危険です。悪ノリも度が過ぎると目や耳を狙う輩が出てきますので注意が必要です。

もし目や耳を負傷したり違和感を感じたら迷わずに病院へ行く事をオススメします。しかしタイでの医療費用は非常に高価なので渡航前に海外旅行保険の加入を忘れずにしておきましょう。海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを1枚所有しておくこともオススメします。海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードはステータスの高い年会費が高額な物がほとんどですがエポスカードは年会費も無料で持てる海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードなので気軽に持てますし、ショッピングにも使えるのでおすすめです。


ドロップアウター
私はワンライ含むラスト3日なら、また参加したいですね。
来年はシーロムのソンクラーンを体験でしょ!
キャピ子

 

 

ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ旅行ランキング

  • この記事を書いた人
ドロップアウター

ドロップアウター

縁があってベトナムの企業に現地採用で移住する事になった、ベトナム・ホーチミン在住初心者。神経質で怠け者という両極端な性格が特徴的。

-タイ, レポート
-, ,

Copyright© 東南アジアに埋もれたい.com , 2020 All Rights Reserved.